2019年06月14日

雨中のオートバイ

昼過ぎに出発して、雨が降る中をオートバイを走らせて、島根県の三瓶山までやってきた。
最初のうち雨はパラパラと降っている感じだったが、三瓶山に近づくにつれかなり本降りになって、バシャバシャ雨を全身に受けながら走った。

30年くらい前のオートバイでは、こういう雨の中を走るとどこからともなく雨滴が浸入してきて知らない間にずぶ濡れになったのもであるが、今はカッパの性能も良くなって少々の雨は平気なのである。

特に防水のライディングシューズの性能向上は著しいと思った。
昔は、ごつい革のシューズにオイルを塗りまくったりしていたけれど、2〜3時間も走ると足は水浸しになったものである。
足が濡れるとメンタル的に堪える。
今のシューズは、この時期まあちょっと蒸れ気味ではあるがとりあえず雨を通さないのは大したものなのである。

屋根のある自動車に乗っていると雨に鈍感になりがちであるが、オートバイで雨を体に受けていると雨に対して神経質にならざるを得ない。
ただ、雨の中に体を晒しているにもかかわらずカッパ一枚でかろうじて濡れないでいるあの感覚が、わたしはわりかし好きなのだ。

カッパを着ていないで雨中を走ると当たり前だがずぶ濡れになる。
しかしカッパ一枚あると不思議なくらい乾いている。(実際はけっこう湿っているのだが)

雨が降ると体が濡れる、というのは野生動物にとっては当たり前の話だが、文明人にとっは失われがちな感覚である。

だから雨の中をオートバイで走ると、少し野生の感覚が蘇っているような気がするのである。

ということで、今から雨中のキャンプをしようと思う。


posted by ヤス at 16:39| Comment(2) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
雨に濡れなくてよかったね〜

雨降りは
家の中で
雨を見るのは好きだけど!
濡れるのは嫌だわ!

明日は
土砂降りかもしれないけど
総会があるから外に出なくちゃ

風が強いらしいから
吹き飛ばされないように
雨の中のキャンプ楽しんでね
にこにこ
Posted by aoko at 2019年06月14日 19:24
生きていれば帰る。
Posted by ヤス at 2019年06月14日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。