2018年10月06日

オツトメごくろうさまです

今わたしは、岡山駅のマクドでコーヒーを飲んでいる。

20分ほど前、隣の席に30代後半かな、40代かなという感じの男性と60歳くらいに見える小柄な男性の二人組が座った。

それだけなら別にどうということはない。
ところが、歳をとった方の男性が、突然はげしくむせ始めた。
それも数分間に渡ってかなり長い間むせている。

「大丈夫ですか」と若い方の男性が気遣っている。
はげしくむせかえっている年寄りの方は、ひたすらむせていてしゃべることが出来ない。

ちょっとだけ症状が落ち着いたようで、「これからどこ行きましょうか」と若い方が言っている。
そして若い方の男性がマクドの仕組みについて説明を始めた。
このトレーは食べ終わったら自分であっちのゴミ箱まで持って行くんですよ。
とかなんとか言っている。

敬語で喋っているし、親子連れではないようだ。
いったいどういう人たちなのか、なんだか猛烈に気になってきた。

それではげしくむせ返る男性の様子やその会話の内容がものすごくに気になったので、がまんしきれずに二人の様子を横目でちらちらのぞいて見てみた。
わたしはパソコンをパチパチ打っている感じを醸し出しながら、その実、横をちらちら見ていた。

歳をとった方の男性は、げっそりと頰がこけていて、背中が微妙にまるまっていて、だいじょうぶかなあこの人、と思うような感じのおじさんだった。

それでわたしは勝手に想像した。
この60がらみのおじさんは、オツトメが終わって出てきたところなのだろう。
オツトメ帰りの方々は、娑婆に出るとだいたい甘いもの、味の濃いものが食べたくなるらしい。
それで若い方の「娑婆の案内係」をやっている男性が気を利かせてマクドに連れて来たんだろう。
次はユニクロに行って服の買い方とかを案内するのかもしれない。

岡山市のやや北の方にあるその施設から、切符の買い方とかを教わりながら、電車で岡山駅まで出てきたのだろうか。
それで数分前に二人連れは、マクドでの味の濃い朝ごはんを食べ終わって、どこか次の場所に向かった。

人生は悲喜こもごもなのである。
まあわたしの想像は、ぜんぜんはずれているかもしれないのであるが。
posted by ヤス at 10:34| Comment(2) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
なんで安原さんが
駅のマックにおったん?

私はそっちが気になったわ
Posted by aoko at 2018年10月06日 12:50
ワシはつねに、どこかのマクドにいる。
Posted by ヤス at 2018年10月06日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。