2018年09月16日

へんてこりんな夢の内容

今朝、ぱっと目が覚めて起きた。
窓の外はまだ真っ暗で、いったい今何時なのか分からないのでデジタル時計を見たら4時54分だった。
昨日は23時過ぎに寝たので約6時間の睡眠であるが、なんだか目が冴えていることでもあるし、そのまま起きて歯磨きをした。

ぱっと目が覚めたのには少しだけ理由がある。
夢を見ていたのである。
なんで夢を見ていてぱっと目が覚めるかということだが、その夢が多少へんてこりんな夢だったのである。

なんだか大きな会議室みたいな部屋で、あれはたぶん映画の完成発表だと思うのだが、記者会見みたいな感じでこっち側の席に座っている人々が、壇上の人に向かっていろいろ質問をしている。
具体的にどんな質問をしていたかは、なにぶん夢の話なので憶えていない。
具体的な質疑内容は不明ながら、しかしおそらく映画の製作に関わる質問をしていたことは分かっている。
なぜ分かるかというと、その夢がわたしの脳の中で生起したものであるからだ。

それで、たまにテレビに出ている評論家のような感じの人が手を上げている。
司会者がたぶんいたと思う。
その司会者が手を上げている人を指名する。
その評論家のような人が壇上の人に向かって質問内容をしゃべる。
質問内容は、なにぶん夢のことなのでむにゃむにゃとしてよく分からない内容だが、どうも鋭い質問をしたらしいことは分かる。

評論家みたいな人の質問に対して壇上の人が答える。
やはりむにゃむにゃとしてよく分からないことをしゃべっているが、その答えはたいへんウィットに富んだ面白いもので少し会場が沸き立つ感じになる。

そこでわたしもこっち側に座っていて、とっておきの質問を思いついたのである。
それはとてもいい質問だった。
しかしはやり夢の中のことなので、どんな良い質問を思いついたかは不明。
とにかくいい質問を思いついたので、ぱっと勢いよく手を上げて司会者に指名されるのを待った。
ところが、その時壇上周辺を見渡すと、さっきまでいたと思った司会者らしき人がどこにもいない。
実は今まで司会者不在で会見は進行していたのかもしれない。
そこでわたしは思わず叫ぶ。

おい、誰か司会やれよ。

その辺りで夢は醒める。
ひょっとしたら、目が覚めた時、わたしの右手は司会者からの指名を受けるべく、まっすぐ上に伸びていたような気もする。
そこはもう夢の話ではなく現実世界のことなのだが、少し寝ぼけていたせいかあんまり憶えていないのである。

最近ネットニュースで「レム睡眠行動障害」とかいうのを見たりして、こういう夢はちょっと危ないのかなとも思う。

しかしわたしは夢の内容を憶えていることがかなり少ないタイプだと思っており、せっかく夢をかなりはっきり憶えている貴重な機会なので、ちょっと文章上に再現してみた。

夢判断でこれは重度の変態ですね、とか判定されないことを祈る。
posted by ヤス at 08:19| Comment(2) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
まぁ
現実が変態化してるんだから
夢も変態ってことで
いいんじゃない
(o^^o)
Posted by aoko at 2018年09月16日 10:21
いやーん、うれぴい。
Posted by ヤス at 2018年09月16日 10:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。