2018年07月05日

負けて辛辣になる

昨日勝負で負けるのがつらいことについて少し言及した。
それで思うのだがこの1日2日の間、サッカー日本代表チームへの声が「よくがんばった」モード一色なのは少し緩すぎるんじゃないか。
それでもやっぱりセルジオ越後は辛辣に苦言を呈していたのは期待通りだったのだが、しかし流れるニュースがことごとく「よくがんばった、感動をありがとう」なのはいかがなものか。

これが常に優勝争いを義務付けられたブラジルやドイツなら、負けて帰ってきて「よくやった」とはならないはずである。
そこが日本サッカーの弱さの証拠というか、いわゆる「強豪国」の一角を占めるに至らない原因のような気がする。

曲がりなりにも日本はこのところW杯に連続出場しており、また今回の「公式」の目標は過去最高のベスト8進出だったような気がする。
ベスト16で終わった大会結果は、実は多くの人々の期待に届いていないのだと思う。
無論、日本の実力がそこまで到達していないとか、直前に監督が変わったハンディキャップとか「よくがんばった」と思ってしまうことの根拠はいくつかあるだろう。
考えようによっては予想外によくがんばった、ということなのかもしれない。

しかし同じ日本で他のスポーツ、例えば柔道とかレスリングとか日本が強い競技でこうなるかというと、たぶんそうはならない。
「よくがんばった」とねぎらう意見もあるにはあるだろうが、少なくない人々がもうちょっとがんばり方があったんじゃないかとか苦言を呈するはずなのである。

今回のサッカーの結果でも、確かによくがんばったような気もするけれど、しかし世論の大半がそちらにふらふらと流れるのではなくて、せっかくいいとこまでいったのになんで勝ちきれないのかとか、負けて傷心の部分をわざとえぐるような辛口の意見がもっとあっていいと思う。
負けたらまあ世論の半分くらいからそういう辛い意見が出るようにならないと、土壇場のひ弱さみたいなものが克服されない気がする。

おそらくその辺が次回大会の課題になると思うのである。
ということで、4年後に日本が出場しているかどうかが最大の問題であるが、日本人でも外国人でもいいから早く体制を整えて、選手だけでなくファンも含めた日本の「サッカー環境」が、もうひとまわりふたまわり進化して強豪国ぽくなればいいなあと思った。
posted by ヤス at 09:36| Comment(2) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
強豪国になればもう少し
関心を持つと言うことかしら?
Posted by aoko at 2018年07月05日 12:49
要するに日本はまだ弱小
Posted by ヤス at 2018年07月05日 16:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。