2018年05月16日

ATMとキャッシュレス化

銀行が業績不振らしい。
そういうニュースがちらちら流れている。
まあ業不振とはいうものの、大手銀行もまだまだ巨額の利益を出していて赤字に転落したとかいうわけではない。
ただ、この数年の動きを見ていると銀行業界に吹く逆風は少しずつ確実に強くなっているように思われる。

その逆風を象徴する話のひとつにATMの問題があって、この数年ATMの稼働率がどんどん下がって掛かる費用に見合わなくなってきている。
ATMは一台設置するのにもけっこうな費用が要るし、電気代や修繕メンテナンス、中身の現金の集配などにも確実にコストが掛かっている。
特に最近は電子マネーなどの電子決済の利用が増えている。
日本は諸外国に比べてキャッシュレス化でかなり遅れを取ったというけれど、それでもキャッシュレス化は確実に進んでいるのである。
特にこのところの外国人観光客の増加で、キャッシュレスに慣れた彼らを相手に商売をするのには電子決済を導入していないと話にならない。
そういうことで都会や観光地を中心に、小規模店などでも今後電子決済が広がっていくものと思われる。
そうするとさしもの日本人の方でもだんだんと電子決済を使う人が増えていく。
そして現金を利用する人が減る。
現金が減るとATMの稼働率が確実に下がる。

おそらく近い将来、銀行は独自のATMを放棄して、コンビニとか郵便局とか、ある特定の会社が「ATM
サービス提供者」として各銀行に現金預け払いのサービスを提供することになるのだろう。

銀行の経費削減の動きから世の中のATMが減っていくと一般庶民の現金の扱いが今より不自由になって、これまで渋っていたような人々でも電子決済に移行する人が増える。
そうやって「キャッシュレス化」スパイラルが進行して近い将来日本でも、電子決済化、キャッシュレス化が進むような気がする。

ただそれだけでは済まなくて、今までお金が余っているところから預金で集めて足らないところに貸し付けで供給するという銀行の役目そのものが、今後大きく変わる可能性がある。
それが、現金決済から電子化することで急加速するような気がするのである。

仮想通貨とかクラウドファンディングとか「銀行を介さない」貨幣価値の移動手段が新しく出てきて、単なる現金輸送業務としての銀行業はちょっとずつしぼんでいくのだろう。

ただそれでも就活生の人気企業ランキングでは大手銀行は軒並み上位に並んでいる。
人々の脳裏に刻まれた「企業ブランド」の根強さを感じる。

ということで、やっぱり商売にとってブランディングはとても重要だな、と思ったりした。
posted by ヤス at 10:26| Comment(2) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
安原さんの会社にはブランディングあるん?
Posted by aoko at 2018年05月16日 14:53
なにそれ。
Posted by ヤス at 2018年05月16日 16:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。