2017年06月17日

ポケコン、Palm、iPhone

今年の2017年1月、iPhoneが登場してから10年経った。
それ以前に「スマートフォン」と言えば、小さいキーボードが付いた黒い携帯電話のBlackBerryのことを指した。
しかしiPhone以降は全面タッチディスプレイのやや大きなカマボコ板みたいのが世の中的にはスマートフォンの共通了解になった。

iPhone以前、やっぱりタッチスクリーンの薄いカマボコ板みたいなPalmという携帯情報端末があった。
調べてみると1996年頃に登場したものらしい。
わたしもPalmの端末を2台とソニー製のCLIEというクローンマシンを1台買って使っていた。

Palm端末などの情報機器を総称して当時はPDAと呼んでいた。
Palm以前にもPDAはあってシャープのザウルスはその代表格であろう。
さらにAppleのNewtonや、さらにその以前にはソニーや富士通なども「手のひらサイズのコンピューター」的なマシンを出していたらしい。

1990年頃の話である。

さらにそれ以前には「ポケットコンピューター」という製品ジャンルがあった。
カシオとシャープが双璧であり、関数電卓とコンピューターの合の子のような感じのマシンが多かったけれど、オプションで超小型の感熱プリンタやテープ式の拡張記憶装置などの周辺ガジェットがたくさん用意されており、オタク心をくすぐるに十分過ぎる状況であった。
わたしはカシオ派で、PB-110とPB-1000というのを買った記憶がある。
1980年台後半の話だ。

あの頃は32KBのメモリが1万円だったか2万円だったかしたと思う。
(「KB」っていうのは「GB」と100万倍差っていうことでいいのだろうか。つうことは、この30年ほどでメモリは100万倍くらいのオーダーで値下がりしたということらしい)

雑誌「ポケコンジャーナル」に掲載されているBASICで書かれたゲームプログラムを2〜3本入力すると、さしものPB-1000の標準搭載のメモリはすぐにいっぱいになったものである。
メモリを増設したいけれど、たかがゲームプログラムを打ち込むのに1万円も支出するのはアホらしい。
だから古いプログラムを上書きして新しいゲームを入れた。

そんなことはともかく。

ポケコンを駆逐したザウルスやPalmなどの「PDA」は1993年頃に出てきてPalmが生産終了したのが2005年、10年少々がPDAの時代。

そのPDAを駆逐したiPhoneが出たのが10年前だが、iPhoneは若干勢いは落ちがたPalmと違ってまだ寿命が尽きそうな感じではない。

ということはポケコンやPDAはスマホ誕生にあたっての露払い、前兆のようなものであり、スマホこそが真打ち登場、だったのかもしれない、そういう気がする。
またAIや音声認識技術の急速な進化により、スマホがそれらのインターフェイスとしてますます活躍しそうな感じもある。

個人的にいうと、かつてポケコンやPalmに投資した額の何倍(あるいは何十倍か)もiPhoneにはすでに投資していると思う。
逆から見ればスマホはPalmなどに比べても桁違いに大きな経済的価値を生んでいるということになるのだろう。

だからiPhoneはまだ当分は今の調子で生き残っていくのであろう、とどうでもいいけれど思った。
posted by ヤス at 10:47| Comment(0) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。