2017年06月13日

新卒採用の今後

さて、今に始まったことではないが、現在新卒で入社した人々もその多くが数年のうちに辞めてしまうという。
厚労省のデータによると、平成27年では1年以内離職率11.8%、2年以内22.8%、3年以内31.9%らしい。
よく3年で3割辞めるという「噂話」が業界内でささやかれていたがどうも本当らしい。

しかしこれはあくまでも平均値である。
おそらく大企業よりは中小企業において離職率は高くなっている。
わたしの周辺情報では、ある中小企業は新卒者をある年に10名ほど採用したが、5年もするとその10名が全滅した。
しかもそういう年は稀ではない。
10年して新卒者が生き残っている方がどちらかというと奇跡的である。
だから人材の主力は自ずと中途採用者に頼らざるを得ない。

そもそも新卒採用できる企業というのは、ある程度の経営規模、経営余力のあるところに限られるだろう。
社会人経験のない新卒者に対し、お辞儀の仕方や名刺の渡し方から始まり、アポ取りや報連相、仕事の段取りなどなど仕事のイロハを教えてある程度出来るようになるまでの「空走距離」の間も会社は給料を払わないわけにはいかない。

合理的に考えるなら、そのようなイロハをひととおり習得済みの「第二新卒」を採用することこそ、持たざる中小企業にとっての得策であるように思われる。
しかし、すべての企業がそうではないが、新卒者を採用したい会社は相変わらず多い。

その理由を少しネットで調べてみた。
一つには企業文化の問題である。
新卒で採用した方が我が社のカルチャーが浸透しやすい。
よその会社を数年でも経験していると我が社のカルチャーに染まりにくい、ということがあるのだろう。
だから社員と会社が同じ企業理念のベクトルを維持するのに、新卒採用が有効であるという話だ。

もう一つ、組織の年齢バランス、平均年齢を若く保つ、同期入社の横連携など組織の活性維持に関することがあるらしい。
ただこれは意地悪く見れば若手社員の割合を一定数維持することで平均賃金を下げる、という副次的意味合いが結構大きいのではないかとも思う。

しかし今後は日本における「新卒一括採用」制度の維持は難しいのではないか。
というか、前述した通り地方の中小企業では新卒採用は難しいところが多く、新卒採用は一定規模以上の大企業のものになっているように思われる。

まず、若年人口が減って莫大な採用コストをかけても中小企業には人が来ない。
また運よく採用できても教育コストを回収する前に辞めてしまう。
若年人口の減少に伴って新卒採用の割に合わなさはどんどん加速する。
やがて大企業でも採用・教育コスト面を考えて新卒採用から脱落するところが出るだろう。

そのうち新卒一括採用は名の知れた一部の有名企業だけのもになるのではないか、というかもう既にそうなっているのかもしれない、と想像するのだが実態はどうなのだろう。
posted by ヤス at 08:31| Comment(0) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。