2016年04月28日

潜水艦受注競争

かねてから注目されていたオーストラリアの潜水艦受注競争で日本の提案が破れてフランスが受注獲得した。

アメリカの後ろ盾の元、初の大規模な「武器輸出」プロジェクトとして日本国家を挙げて取り組んでいたと聞こえていたが、何かあっけない幕切れだった。
おそらくGDP600兆円達成を掲げる現政権としても、本プロジェクトを弾みにして各国への武器輸出を軌道に乗せようと考えていたはずで、三菱・川崎両重工だけでなく現政権にも大きな衝撃であったと推測する。

今回の潜水艦プロジェクト、下馬評では4000トン級の通常動力型大型潜水艦では日本の技術は他国の追随を許さず、かつ太平洋地域の安定強化を強く望むアメリカが「日本押し」と見られて日本有利と盛んに報道されていた。

今回受注を獲得したフランスのDCNSという造船会社は、フランス政府直轄の軍需企業であるらしい。
フランスは国別に見るとアメリカ、ロシアに次ぐ世界第3位の武器輸出大国で、潜水艦以外でも軍用機なんかをたくさん輸出している。
イギリスがアルゼンチンと戦ったフォークランド紛争でも、フランス製のシュペール・エタンダール攻撃機が発射したエグゾセミサイルで数隻のイギリス軍艦が撃沈された、というのを思い出す。
アメリカがイラクに侵攻した湾岸戦争時も、イラク軍の装備はロシア製とフランス製で構成されていて、この時もエグゾセミサイルがアメリカ軍艦を沈めたと記憶している。

アメリカやイギリスが遠征先で次々遭遇するほどに、あちこちにフランス製の兵器は輸出されているわけだ。
そうやって長年にわたって武器輸出のノウハウを積み上げてきたフランスにとって、日本の提案をひっくり返すのは朝飯前だったのでは、と思える。

そしてアメリカの後ろ盾が役立たなかった件であるが、報道でも言われているように中国との綱引き、という側面があったようである。
フランスとしても水面下の働きかけを中国に行い、親中派政権が誕生していたオーストラリア政府にじわじわにじり寄っていたらしい。

さらに、日本の提案はオーストラリア政府の真のニーズを射ぬけなかったこと。
オーストラリアとしては今回のビッグプロジェクトを国内雇用のカンフル剤にしたかったのに、どうも日本の提案は、日本国内の経済効果の方ばかり向いていたということらしい。

最近の大型国際投資プロジェクトで、原発でも鉄道でも今回の件でも、どうも日本の提案が破れるケースが目立つように思うのだが、貧すれば鈍するで国内経済の余裕の無さがこちら都合の提案になっていて、相手国側のハートを射止められないという悪循環に陥っているようにも見える。
お客さんの気持ちを汲むのは日本の得意分野だったはずなのに、どういうことなのか。
ことの真相はまだよく分からないが、貧して鈍しないように気をつけよう、と思った。
posted by ヤス at 11:33| Comment(0) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。