2016年01月27日

食品廃棄について思うこと

昨日、廃棄カツの横流しのことを書いて食品の廃棄についてちょっと気になった。

日本は食品の廃棄率が国際的にもトップクラスの国らしい。
日本の消費者は他国に比べると、スーパーで買い物するときに賞味期限を異様に気にしたり、商品パッケージの汚れやへこみなどがあると買わなくなったりする傾向が強いといわれる。

そういう消費者の傾向もあってか、企業の方も鮮度管理のために商品の廃棄を厭わないところが多いらしい。

セブンイレブンが期限の時間が過ぎた弁当を捨てたり、回転寿司屋が皿の下のチップで鮮度管理して古い皿を自動ではねていく、などというシステムは世間もよく知るところとなっている。

また、あるパン屋チェーンのFC店指導マニュアルで、廃棄ロス率を一定値以下に「しない」ことについて書いてあるのを見たことがある。
要するに毎日一定量を必ず廃棄すべきという考え方なのである。
これは、閉店時間いっぱいまで商品棚に焼きたてのパンを並べて来店客の期待に応えたいと考えているからだろう。
焼きたて命のパン屋の場合、これはわりかし普通の考え方のようである。


その一方で、期限間近の商品を値引きして廃棄ロスを出来るだけ無くす見切り販売のスタイルもある。
これはスーパーマーケットにおける20時頃の惣菜コーナーでは日常の風景になっている。
最近増えているディスカウンター業態や、客引きのおまけで食品を売っているドラッグストアなんかは特に見切り販売が激しい気がする。

見切り販売で廃棄ロスを減らすと「もったいない」状態は緩和され、見切りせずに廃棄ロスを厭わず商品鮮度を維持すると、店のクォリティー感が高まる。

結果そういう構造になる。

店の商品とはいえ食べ物を捨てるのは、廃棄作業をする従業員にとってけっこうな精神ストレスになっていると想像する。

クォリティー感の高い店は安売り業態に対し、食べ物をより多く廃棄するということは、顧客は廃棄分も含めた少し多めのお代を店に払っていることになる。

これはどっちの方がいいのか、なかなか一概に言えない。

ただし営利企業の場合、利益確保のために廃棄ロスであれ見切りロスであれ、あらゆるロスを極小化しようとする強い動機がある。

それに対し、一般の消費者は企業ほどはちゃんと利益計算をしていないので、食べ残しに対する改善意識が希薄になるようである。

各種の統計によると食品廃棄の最大の発生源は一般家庭であるそうだ。
農水省のデータでは一般家庭の廃棄が1千万トン、事業所からが8百万トンであるらしい。
これは日本人3千万人の一年間分をまかなえる量であるそうだ。

どうも最近腹が減っているせいで、そういうデータがものすごく心に刺さるのである。

日本人の叡智と技術を使えば、そういうもったいない状況がせめて半分くらいは改善するのではないかと思ったりするのである。
posted by ヤス at 14:25| Comment(0) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。