2015年12月28日

ピントリングを回す方向について

わたしは写真が好きで(というかカメラが好きで)、一眼レフのカメラを昔から使っている。
まだフィルムカメラが健在だった頃、最初に買ったのがキャノンのEOS10で次がニコンnewFM2。

レンズ交換式一眼レフカメラは、本体を買った後に大仕事が待っていて、それはレンズを揃えることである。

レンズ2本、3本くらいならどうということもないが、5本、6本と増えてくるとカメラバッグの重量増加と反対に財布が軽くなっていく。
特にニコンとキャノンの2種類のレンズマウント体制では財布が軽くなる速度も2倍になる。

で、かつて購入したキャノンEOS10は当時としては最新技術の3点オートフォーカスを搭載していた。
一方のニコンnewFM2はピントも露出もレンズやダイヤルを手動で操作するマニュアル機。
EOSは文字通り触るのはシャッターボタンだけで写真が撮れる。
なんなら右手だけの片手運転でも撮れる。
しかしnewFM2は左手をレンズに添えて絞りリングとピントリングの二つの輪っかを慎重に操作し、カメラボディの右肩を掴んだ方の親指でシャッター速度ダイヤルをグリグリ回さないといけない。

その際、露出は多少いい加減でも後で修正できるがピントは修正不可なので慎重に合わせる。
そして慎重に合わせないといけないのはけっこう疲れるのである。
そこへいくとEOSのオートフォーカスの技術は偉大であった。

が、輪郭やコントラストのぼんやりした物体などオートフォーカスの苦手な被写体とか、画面の端の方にピントを合わせたいときなど、特に当時のオートフォーカスは少々使いにくいことも多かった。

だからEOSでも時々は手動でピント合わせしないといけない。

で、キャノンとニコンではピントリングの回し方が逆方向なのだ。

ニコンのレンズは右に回すとピントが遠くに合い左だと近くに合う。
キャノンはその逆で左回しで遠くにピントが合う。
ニコンの癖が染み付いていたので、2種類一緒に持って撮っているときなどついキャノンを逆に回してイライラした。

しかし最近のカメラでは、コントラスト方式で全画面域でピント合わせが出来るものがだんだん増えてきた。
また液晶画面にタッチすると瞬時にそこにピントが来てシャッターが切れたりする。

さらに、レンズのピントリングも機械式に手で回すのでなく、小型モーターが組み込んであって電気で回す方式が増えている。

あの電気式のピントリングは、出始めの頃はレスポンスが悪くてなんだかにゅるにゅるした回し心地だったが、今のヤツはタイムラグも無く気持ちよく回る。

しかも電気式なのでピントリングの回転方向を選べるようになっていて、キャノン式にもニコン式にも合わせられる。

ということで、電気式のピントリングにおいては、長年の課題であったリングの回転方向問題が解決しそうなのであるが、同時にオートフォーカス技術の進化が凄すぎて手でピントリングを回すこともめっきり無くなったなあと思った。

という、ピントリングのどうでもいい話。


posted by ヤス at 15:12| 徒然なるままに