2017年08月03日

改造人事

昨日の夜遅くに安倍内閣の改造人事が報道されていた。
個別の閣僚の手腕についてはわたしはよく分からないところが多い。
だからあまり正確な評価はできないのだが、しかし有権者目線のざっくりとした第一印象としてはかなり上手くやったのではないかと思った。

まず、甘利元経産相が入っていない。
かなり早い段階から甘利氏の名前はニュースで流れていたけれど結局入らなかったのは、流れていたニュースはいわゆる観測気球ということだったのだろう。
甘利氏が入れば支持率浮揚どころか数字が下がる、という結論になったのではないかと思う。
首相としては、「腹心の友」として甘利氏の入閣を熱望していた、そういう事前の報道ぶりであったが、叶わなかったのはしかし首相視点で考えてもプラスだったのではないか。

サプライズ的な人事としては野田聖子氏の総務省だろう。
一体どうやって口説いたのか、野田聖子氏にとってもやっぱり大臣のイスはよほど魅力的だったのか。
あるいは次の党総裁選で出馬の邪魔をしないという約束を取り付けたのではないか、と邪推したりする。

何れにしても野田聖子入閣は今回の改造人事の目玉であり、最大のプラス要素だったような気がする。
それ以外の大きなサプライズはあまりないように見える。
逆に目立つ民間大臣を入れたりしなかったところが今回の特色だと思う。
多分身体検査も今まで以上にやっていることだろう。
その上で安定性の高いメンバーを選んだらこうなった、と言うことのようである。

基本方針としての「支持率浮揚に資する改造」の視点から見ると、リスクをとってまで大きな浮揚を狙わず、しかし確実に数字を上げる方向性は一貫しているように見え、国民のための改造かどうかは横に置いておくとしてかなり合目的に徹した、それなりに頑張った改造だと思った。

菅・麻生を変えなかったのは、マイナスのような気もするけれど、適任の代わりが見つからない、だからしょうがないということなのだろう。
このような意外に堅実な改造人事を見ると、自民党の土俵際の粘り腰にやや感心させられる。

こうなると民進党の代表選がますます心配になる。
おそらく期待通りに混乱の渦が巻き起こるのだろう。
この国の政治がまともになるために、そっちの方に良いサプライズが起きることを少しだけ期待しておこうと思う。
posted by ヤス at 08:50| Comment(0) | 徒然なるままに