2017年06月14日

加計学園問題

森友問題に続いて加計学園の問題がクローズアップされている。

「総理のご意向」の文書が真正のものであるかどうかが今のところの争点となっているようである。
件の文書に関し、官邸サイドは一貫して出所不明の怪文書であり真偽や流出元について調査する必要はないと主張していた。
しかし前文科省次官の前川氏が会見を開いて文書は真正のものであると断言したことから風向きが変わった。

各種の世論調査では、今まで高い数字を維持してきた内閣支持率がジリジリと下がっているというのも出てきている。
折しも来月は東京都議選がある。

機を見て自民党を離党した小池旋風が相変わらず強い。
自民党にとって厳しい戦いが予想される。

今回突如として政府が方針を転換し、文科省内で件の文書に関する職員への調査を行うことを決定したのは、多分に都議選を意識してのものだろう。


しかし加計学園問題に関しては、森友問題にも増して色々と評価が難しい。
加計学園に対する獣医学部の認可は、果たして身内に対する利益誘導なのか岩盤規制の破壊であるのか。
わたしは、基本的には今回の一連の騒動においては前川前次官の肩を持ち、現政権を批判する立場をとっているつもりである。

しかし考えてみると、加計学園問題の根底には、大学の学部新設認可に対して行き過ぎた行政の規制があったことは否めないような気がする。
つまり政府側が、これを岩盤規制改革であると主張すればそう言えなくもない。

逆に考えると、岩盤規制の存在によってかえって権力による「身内への利益誘導」の誘惑が発生し得たという意味で、この国にある数々の岩盤規制こそが森友学園や加計学園問題の根源であるとも言えるだろう。

とすると、本当に悪いのは官僚システムの方であり、権力の暴走は官僚システムの瑕疵に基づいた「ほんの出来心」ということになるのだろうか。
だとすると前次官の前川氏の肩を持つのは筋違いになる、というややこしい話になる。



この問題での省内調査に際し、文科副大臣から法令違反を明示しない内部告発は公務員法違反で処分する可能性に言及したらしい。
これはかなり無茶苦茶な発言だ。
そういうことを言ったら内部告発はほとんど成立しなくなる。
組織の自浄作用のためにはある程度の内部告発の仕組み、自由な発言の雰囲気は欠かせないはずであるが、この文科副大臣は頭がおかしいとしか思えない。

文科省の現職の人々には是非この機会に事実を明らかにしてほしい。
そして、今回の一連の事件を契機に日本の官僚システムが少しは良い方向に向くことになりはしないかと、ほんの少しだけ期待して事態を注視しようと思う。
posted by ヤス at 09:50| Comment(0) | 徒然なるままに