2017年06月06日

AI音声アシスタント

アップルの開発者向けカンファレンス、WWDC17が6月5日開催され新型iPad Pro10.5インチを始めいくつかの新製品が発表されたらしい。
わたしがこの間買ったばかりのMacbook12インチもマイナーアップデートされて、上位モデルのCPUがこれまでのインテルCore mからCore i7/i5に強化された。
ということでうちのMacbookはめでたく型遅れモデルになった。

その他のモデルもCPUのアップデートを中心に地味にマイナーチェンジが行われているが、これは多分インテルのCPU開発が予定よりかなり遅れ気味で、そのために新型CPU待ちになっていたのがやっとこさチェンジしたのではないか、と想像したりしている。
あくまでも想像ですが。

あと注目すべきはHomePod。
これは音声認識のSiriを搭載したポータブルスピーカーである。

世の中にはいつのまにか「AI音声アシスタント」という製品分野ができていたらしい。
今回のWWDC17の記事を通じて初めて知った。

HomePodもそのAI音声アシスタントの一種である。
アップルに先行してグーグルが「Google Home」、アマゾンが「Amazon Echo」というのを発表しているらしい。
このAI音声アシスタントは、基本操作が音声で出来る。
詳しいことはよく分からない。
多分「スイッチオン!」とか「ボリュームアップ!」とか言ったらその通りにスピーカーが動作してくれるのだろう。
またアップルではSiriに音楽タイトルなどの情報を重点的に学習させているとのことなので、ミュージシャンや楽曲名を言ったら該当するタイトルをiPhoneなどのデバイスやiTunesから探してきて演奏してくれるのだろう。

あくまでも想像だが。

さらにこれらのAI音声アシスタントは、将来は家電の音声コントロールにも対応するそうでエアコンやテレビや電動カーテンとか音声で操作出来るようになるらしい。

値段は3万5千円くらい。
今のところうちにはこのアシスタントで操作できそうな「家電」が見当たらない。
だから当面は不要だ。

しかし世の中のテクノロジーの進化はなかなか速い。
Ai音声アシスタントとか、一体いつの間に出てきていたのだろうか。
多分このところディープラーニングの技術が急速に進歩して、音声認識がほぼ実用化の域に達したということなのだろう。

しかし家電コントロールとかが全面音声認識になると、うっかり「スイッチオン」とか独り言を言ったら「ナンノスイッチヲイレマショウカ」とAIにそのたんびに聞かれそうで、その辺がかなりうざいなあとか思ったりした。
posted by ヤス at 09:15| Comment(0) | 徒然なるままに