2017年03月24日

証人喚問が終わって

さて、昨日の国会予算委員会で件の籠池理事長の証人喚問が行われた。
証人喚問は午前と午後の4時間半にわたり行われたそうであるが、わたしは昨日珍しく忙しかったのでその様子を1時間ほどしか見ていない。

また証人喚問の後に、外国特派員クラブで記者会見も行われたようだがそっちも見ていないので、後でアーカイブを探して見ようと思っている。

ここへ来てこの問題がにわかに盛り上がった感じがあるが、理事長の証言の様子は、予想外に落ち着いて淡々としたもので、かつ100万円の寄付についても明確に断言していた。
後、新たに浮上して来た理事長宛の昭恵夫人付き秘書からのFAXもなかなか興味深い。

100万円の寄付金についてはそれ自体に違法性はなく、昭恵夫人はFacebook上で早速反論してはいたけれど、万が一この寄付金授受が立証されたとしても本質的には大した問題でない。

まあ密室の出来事であり、もらったことの証明も、もらっていないことの証明もまったく難しい話なので、首相サイドとしては「もらっていない」ことを一貫して主張するというのが基本方針なのであろう。

しかし今回偽証罪に問われるリスクを賭けて籠池理事長は「もらった」と明言したわけであり、その一点において現段階で理事長側が一段優位になったことは確かだ。
この状況を再びイーブンに戻すには、昭恵夫人も証人喚問に立つことが必要だろう。

しかし寄付金問題は問題の本筋ではないから、首相サイドとしては夫人の喚問は見送り、従来通り「もらっていない」主張で押し通す気がする。

首相にとって、言うまでもなくFAX問題の方がより危険である。
このFAXのやり取りの構図からは、昭恵夫人が秘書を通じて財務省に「働きかけ」ているように見える。
これは、当初首相が言っていた「私や妻、事務所は一切関わっていない。もし関わっていれば首相も国会議員も辞める」発言に「抵触」するように思われる。

今回の問題は、当初から比べてかなり事態がもつれてきたように見えるけれど、それでも現段階では内閣退陣に至るところまでは深刻化していない。

ただ首相サイドに立って見ると、結果論ではあるが今回の事態の収束に向けた手際はかなり悪かったように見える。
まず今回の理事長の喚問はかなり余計であった。
理事長が100万円問題を突然出してきたのは、自分から喚問に呼ばれようというある種の策略であったようだ。
今回はまんまとそれに引っかかった。
その辺は、自分たちのメディア統制や役人の制御能力について自信が過ぎたのではないか。
現段階では国民から安倍おろしの声はあまり聞こえてこないように思われる。
それは今のところ有力なポスト安倍が国民の脳裡に浮かんでいないからだろう。
そういえば鳥取出身の自民党代議士がいたけれど、彼の最近の文章を読んでみると、わりかし慎重に現政権に対する批判が書いてあったりする。
この辺の人がどんと表に出てくるようになると、今回の騒動がもっと面白くなると思うのだが。

というのはちょっと不謹慎な見方かもしれないと、少しだけ反省して今日はおしまい。
posted by ヤス at 11:17| Comment(0) | 徒然なるままに