2017年02月08日

現代人と自我

「自我」というものについてたびたび考える。
近現代の人類史は、自我の解放、目覚めの歴史であったと考える。

基本的人権とか、男女平等とか、人種差別の否定とか、そういう近代的な概念は、すべての人間は自我を持ちうる、というかすでに持っていることを前提に存在するのだろう。
近代以前には、言葉の通じない異民族に対してはバルバロイや夷狄などと名付けて、彼らの持っているであろう自我を想像しないということがあった。
バルバロイや夷狄は「人」ではない、という感覚は、古代社会ではおそらくごく普通のものであったと思われる。

それがいつの時代からか、人種や文化の違いを乗り越えてすべての人間が実は同じ「人」であったことが発見される。
それは一つには人類の見聞が広まって、言葉や文化は違うけれどそれぞれの民族には天地創造の神話があり、宗教もお祭りもあることが分かった。
異民族の人々も、毎日お天気の心配をしたりして普通に生きているという、共通の生活感覚を持っているらしいことが共有できるようになった。

そうやって地球上のすべての人々はそれぞれ自我を持っている、人間らしい感覚を持っていて、むやみやたらと虐げたりすることに罪悪感を感じるようになったというのが近現代社会のベースにあるのだと思う。

しかし他方、最近の傾向として社会の分断という新しい問題が持ち上がっている。
アメリカとメキシコの国境に壁を作るというのは、分断の可視化としては相当に分かりやすい例だと思うけれど、この場合アメリカ人もメキシコ人もお互い同じような人間であることを十分に理解しており、お互いの自我を尊重しうる状況にある中での分断、というのがこの問題の難しいところだ。

この場合アメリカ人は、メキシコ人を道理の通じない野蛮人と思っているのではなく、相手を自我を持った普通の人間と理解した上で、自分たちの利益を奪いにくる悪いやつ、と思っているようである。
これは自我と自我のぶつかり合いであって、その意味で現代的な現象であるように感じる。

近代人は、中でも人口的に社会の大部分を占める一般庶民階層は、昔に比べるとかなり自我の自由というものを手に入れたのだと思う。
かつての農奴や産業革命時の工場労働者などと違って、現代の一般庶民は格差問題なんかもあるがそれでもかなり自由な身分だ。
現代の庶民は、数百年前に比べれば自分というもののあり方について考える機会も増えたことだろう。
マズローの欲求五段階説にある自己実現の感覚も強くなったことだろう。
しかしその自我の覚醒が、現代社会を分断する新たな火種になったとしたら皮肉である。
現代人は自分の持っている自我の感覚をどのように扱っていけばいいのか、考えるとなかなか難しい。
長くなったので今日はとりあえずおしまい。
posted by ヤス at 15:58| Comment(0) | 徒然なるままに

2017年02月07日

痛みが峠を越えた

さて、昨日は歯の痛みにひたすら苦しんで、たぶんこのまま死んでしまうのだろうと覚悟を決めていた。
昨晩も夜中に目が覚めて歯の奥が少しズキズキしていたので、また痛み止めを飲んだ。
で、今朝起きたら痛みをほとんど感じない。
久方ぶりに訪れた歯の奥が痛くない平穏な状況は、ただ痛くないというだけでものすごく快適であった。
天国のようだった。
その時のわたしは泣けてくるくらいの幸福に包まれていた。
実際には泣いていないけれど。

というわけで少し長めのジョギングをしたがそれで奥歯の炎症が再燃することもなく、朝マクドでは分厚いソーセージエッグマフィンをかじる時に口を大きく開けるのに少々の勇気が要ったが無事何事もなく食べることができた。

どうやら峠は越えたようで、ひょっとしてもう少し長生きできそうである。
しばらく痛い思いをすると、健康のありがたみがよく分かる。


ところで話は変わるが、今週10日に日米首脳会談がある。
かの国の大統領はあいかわらずの荒くれぶりのようだが、この会談はかなり重要な内容になることが想定される。
まず、トランプの国内的な状況が当初の予想通りかなり悪い。
例のイスラム圏7カ国からの入国禁止例に関しては、最初の世論調査では禁止令賛成の声が多数派だったが、その後の調査で反対派が優勢になったという。
それに対しトランプは調査結果をフェイクニュースと一蹴したらしいが、さしものトランプも、ここいらで国内世論を少し懐柔したいと考えているのではないだろうか。

そうなると、ひとつのお約束として対外的な強行姿勢を示す方に向かうことが考えられる。
どうやらトランプ最大の仮想敵国は中国であるようなので、今度の日米首脳会談は対中国共同戦線に関しての議題、ということになるのかもしれない。
しかし先の為替安誘導批判で判明したように、トランプの矛先はアメリカ貿易赤字の発生源国であるようなので、日本は中国やドイツと並んで批判の的にされる公算が強いのだろう。
少し気がかりなのは、トランプが安倍首相をエアフォースワンに乗せるだの、一緒にゴルフをやるだのという報道が流れていることだ。
トランプはマフィアの親分体質なので、こういう他国首脳には見せない親密さをアピールするというのは、相当にやばいことの前兆と考えねばなるまい。

残念なことに日本の報道では、こういうニュースに対し批判的なものがほとんど流れてこない。
一方、アメリカの民主主義はとんでもない人物を大統領に選んだけれど、ジャーナリズムや司法制度は大統領の暴走にいちおう抗っているように見える。

お互いに丁々発止で歯に絹着せずに意見をぶつけ合っている様子を見る限り、アメリカという国はいろんな意味でまだ「正常」の範囲内にいるように見える。
posted by ヤス at 11:30| Comment(0) | 徒然なるままに

2017年02月06日

痛みに耐える

昨日あたりから、歯が痛い。
これにはちょっとした経緯がある。
先月、年が明けてしばらくした1月中旬頃に、歯の裏側を中心に歯垢が付着しているのが気になって久々に近所の歯医者に行った。
その時にはもう10年くらい歯痛とは無縁で、リンゴをかじっても歯茎から血も出ず、冷たいものを飲んでもしみることもない良い状態だった。

しかしその10年近くの間、歯医者にも行ってなくて、もうそろそろやばいことが発生しているのではないかという懸念がかすかにあった。
実際、素人考えではあるが上側の奥歯の感じがこの2〜3年ずっと違和感があって気になっていた。

それで久しぶりに歯医者に行ってみたら案の定、虫歯が発見された。
件の上側の右側の奥歯にかなり進行した虫歯が1箇所と、前歯の方にも軽度のものが発見された。
それ以外には、ジジイの割に歯の状態、歯茎や土台となる骨の状態はそこそこ良好であると慰めのお言葉を頂いた。

で、そのかなり進行している虫歯をどうするか、治療するのか、あるいは自覚症状が出るまで放っておくかどうしますか、と聞かれた。
歯医者さんによると放っておいても特段の問題はないかもしれない、とのことであり、またもし治療に着手すると逆に神経を刺激して、今まで自覚症状のなかったものがけっこうな痛みを感じるようになる可能性が高いという。

今少し、その時の判断を後悔している。

虫歯菌に侵された奥歯は、2度目の通院時にキレイに削り取られて消滅した。
ベロで奥歯があったはずの場所を触ってみると、そこに奥歯はなく、削り取られた奥歯の「切り株」に応急的なフタがしてあるのが感触を通じて分かる。
治療後しばらくはそれほどの痛みはなかったのであるが、2日ほど経ったあたりからどういうわけかズキズキと鈍い痛みが継続するようになった。

今まで歯根の奥深くに埋もれていた神経細胞が、にわかに空気に触れて活性化したのであろうか。
それほどの激痛というわけではないのだが、いつ果てるともしれない鈍い痛みが継続するのはなかなかに辛い。

こういう事態を見越して痛み止めの薬もちゃんと処方されていたわけであるが、この調子だと痛み止め無しでは半日も生きていけない。
痛み止めのクスリ無しでは生きていけないこの感じは、あるいは違法薬物に侵された人々にも共通の感覚かもしれないと思ったりする。
だとするとわたしの場合、一旦違法薬物に手を染めたら自力でそこを脱することは絶対に無理なのに違いない。
押し寄せる痛みに耐えながら、そんなことを考えている今日この頃である。
posted by ヤス at 10:58| Comment(2) | 徒然なるままに

2017年02月05日

お城ブーム

この1〜2年くらい「城めぐり」に少し凝っている。
お城には天守閣というのがたいてい建っているけれど、現存12天守と言って、オリジナルの天守が残っているお城が日本国内には12箇所ある。
西日本には比較的多く残っていて、関ヶ原より西側には滋賀の彦根城、兵庫の姫路城など8つある。
特に四国には4つ残っていて「領国」の規模に比べてたくさんある印象である。

これはたぶん、第二次大戦で米軍の爆撃被害が比較的少なかったから生じたことだろう。
ちなみに、戦争前まで残っていて、戦争被害で焼けた城というのが8つあるそうで、名古屋城、岡山城、大垣城、和歌山城、仙台城、広島城、福山城、そして沖縄の首里城である。

戦災前に8つも残っていたと思うのか、8つしか残っていなかったと思うのか微妙な感じだ。
まあそもそも、江戸期以前の実用物であったお城は、明治期に入って「家主」の大名が身分を解かれたので大方世話する人がいなくなって荒廃し、廃屋同然になったり取り壊されたりしたようで、広大な敷地を占有していた各地のお城も明治新政府に接収されて城域内に県庁や学校がどんどん建てられて昔の面影を失って行ったようである。

確かに、そういうことの説明書きが姫路城や備中松山城なんかにも展示してあったように記憶している。

今日本で一般的にいうところの「お城」というのは、戦国時代初期の1500年代中盤から大坂の陣を経て徳川幕藩体制が完成する1600年代後半くらいまでの、150年余りの期間に集中的に建造されたものを指していると思われる。
それより古い時代のものは土塁に空堀を連ねた陣地に木組みの櫓を建てた「砦」であり、さらに古くは総社市の鬼ノ城のような「古代山城」なんかもあるけれど、石垣に天守閣と瓦葺の屋根を用いた近世城郭というのは、日本史上のごく短期間に続々と建てられたものであろう。

特に、近世城郭の土塀や櫓、天守などの建物の壁面に無数に開けられた丸や三角の穴、「狭間(サマ)」は、片膝をついて鉄砲を撃つ時にちょうど良い高さになっていて、近世城郭が鉄砲の普及と時を同じくして発達したものであることが生々しく感じられる。

そういう具合で、明治期に入った時、各地に残っていたお城というのは言わば革命以前の政治の象徴であり、下手をすると一般庶民の反革命感情の拠り所となる危険もあったような気がする。

そういうお城が今静かなブームを迎えているようで、姫路城も彦根城も、休みの日なんかは観光客でごった返して、木造の天守閣がパンクして倒れるんじゃないかと心配になるくらいだ。

このように人々がお城に関心を向けているのは、今が時代の節目であることを人々が無自覚に意識しているからかもしれない、などと思ったりするのだがどうであろうか。
posted by ヤス at 15:15| Comment(0) | 徒然なるままに

2017年02月04日

Kindleアプリに要望

おととい、久しぶりに紙の本を2冊買った。
わたしの場合、だいたい家の外で読書する。
だからまだ電子書籍が無かった時代、カバンの中には読みかけの本が2〜3冊は入っていて、街をフラフラする時なんかにその重みがなにげに気になっていたものである。

それが電子書籍という便利なものが出て来た。
わたしにとって電子書籍はほとんどAmazonのKindleとイコールであるが、iPhoneにKindleアプリをインストールすることによって、「本の重量が気になる問題」はみごとに解決をみた。
また少し角度を変えて言うとiPhoneで本が読めることで、iPhoneの存在意義がそれ以前の2倍か3倍に高まったような感じがする。

出版業界の電子書籍対応に関しても、3〜4年前くらいまでは電子版のタイトル数が少なくて、かつ初版から少し時間を置いて電子版が出るパターンが多かったりして、なかなか思い通りの感じになっていなかった。
それがこの1〜2年くらいは、タイトル数でも新刊本の電子化タイミングもだいぶ充実してきたように思う。

しかし、中にはなかなか電子化にならないパターンもあって、今回買った2冊はホリエモンとキングコングの西野亮廣の本だったのだが、これは少し前から読もうかなと思っていて、しかし電子版が無かったので買ってなくて、ただいつまでも電子化される気配が無さそうなので紙版で買った。


それで久しぶりに紙の本を読んだのだが、Mドナルドでバーガー総選挙1位記念のトリプルチーズバーガーを食べながら読んだ紙の本は、iPhoneやiPadの画面で読むのより格別読みやすい、ということもなく、しかし当然読みにくいということもなかった。
ただこれは前から思っていたが、やはり紙の本は物理的にどこを読んでいるのか、どこまで読んだかが、開いているページの厚みで直感的に分かる。
またあの内容は表紙から7mmくらい開いたこの辺とかいうふうにページをあちこち飛ぶのには便利だ。

逆に言うと小説のように頭からひたすら順番に読み進める読み方では、電子書籍が読みやすく分があるように思う。

それとついでに電子書籍で気になる点を書いておくと、最近は雑誌なんかもiPadで読むが、やはり雑誌の見開きでデザインされたページをiPadで開くと小さくて見にくい。
この時ばかりはA3サイズくらいの超大画面のiPadが欲しくなる。
それとiOS版のKindleアプリは、アプリを立ち上げた瞬間に必ず一回明滅して、ぱっと読もうとした瞬間に水を差される感じがいつもものすごく気になる。
その点が改善される日を心待ちにしている今日この頃である。
posted by ヤス at 15:40| Comment(2) | 徒然なるままに

2017年02月03日

恵方巻

さて、本日は2月3日、節分である。
節分の日には豆まきをする、というのはわたしが幼少の頃からあった。
実際に幼稚園で鬼の仮面をかぶって豆まきをしたような、してないような、微かな記憶があるのである。
まあはるか昔のことである。

それがいつの間にか豆まきというのをあんまりしなくなった。
そして代わりに恵方巻きの習慣が世間を席巻するようになったのである。

今朝のヤフーニュースに恵方巻きの「伝統」が広まった経緯について書いてあった。
そこにはセブンイレブンの恵方巻きの販売本数の推移グラフも出ていた。
その記事によると、関西ローカルの特殊な習慣に過ぎなかった恵方巻きに関して、昭和初期の頃から寿司屋を中心に「仕掛け」をする動きはあったようである。

それがスーパーマーケット、コンビニエンスストアのチェーン展開とともに少しづつメジャーになったと書いてある。
そして今日的な隆盛の直接の起源は、セブンイレブンの広島のとある店が1990年頃に本格的に取り組みだして、やがてチェーン全体で売るようになったそうだ。
結果、2016年には664万本を売るほどの規模になったという。

664万本というと、1本の単価が400円としてざっと26億円。
セブンイレブンの年間売り上げは平成27年度で4兆2910億円だそうである。
ということは365日で割ると1日あたりの売上が117億円ということになる。

全店舗の年商4兆円に比べると26億円は、ぱっと見いかにも少ないように思える。
しかし2月3日の恵方巻きの売上(推定だが)26億円は、セブンの平均日商117億円に対しては約2割ということになってそれなりに存在感がある。

セブンイレブンの恵方巻き売上本数推移のグラフを見ると、2001年頃までは売上本数は100万本くらいだったので、この20年間の恵方巻きにかける営業努力は凄まじいものがあったのだろう。
厳しい販売ノルマに現場スタッフの「自腹購入」問題などもささやかれている恵方巻きであるが、そこまで前のめりになるほどに販売ボリュームが大きくなったということでもあるのかもしれない。

ちなみに、日本全国の恵方巻の市場規模は540億円でバレンタインの1200億円に迫る勢いらしい。

さらにちなみに、個人的にはわざわざ恵方巻を買って恵方を向いて食べる、ということの予定はない。
しかし夕方のスーパーで安売りしていたら、買うかもしれない。
そういうのも540億円に入るのだろうか、とふと疑問に思ったが、まあどうでも良いことである。
posted by ヤス at 10:17| Comment(2) | 徒然なるままに

2017年02月02日

社会的動物としての人類

人間というのは考えれば考えるほど不思議な生き物だと思う。

今、とある建物の中にいて、ガラス窓の向こうに国道が走っていてその道の上を右から左から自動車がひっきりなしに行き交っている。
あの自動車を作ったのはたぶん人間である。

道を行き交う自動車はいろんなメーカーのものがあって、中には外車も混じっている。
だからいろんな地域に生きているたくさんの人間が寄ってたかってあの自動車の一台一台を作ったのだろうと推測できる。

しかし同じ人間が現実に自動車を作るのであるから、ちょっとお前も2〜3週間のうちに一台作っておいてくれよ、と誰かに頼まれたとしても、わたしには自動車は作れない。
それどころか、例えば自動車のエンジン設計のエキスパートとかいう人がいて、その人にちょっと自動車を一台お願い、と言ったところでその人も一人では自動車は作れない。

言うまでもないが自動車は何万点もの部品が組み合わさって出来上がっており、エンジンやシャシーやタイヤや電子機器などなどが、またそれぞれたくさんの人が寄ってたかって製造されたのを集めてきて作るものである。
それこそ原材料の鉄鉱石を掘り出したりするようなところから辿って行ったら、自動車一台完成するのにいったい何十万人が関わっているのか気が遠くなるような気がする。

自動車はほんの一例であるが、人類は一人一人は非力であっても何十万人何百万人の知力労働力を効率的に集合させることで、従来の馬車や人力車などよりはるかに高速で快適な乗り物を実現した。

人間が社会的動物であることの所以である。
これはたぶん、人間は自動車を作るために社会的動物になったのではなく、社会的動物であった結果自動車のようなすごいものができてしまった、という表現の方が正しいような気がする。

まあいずれにせよ、人間は何人かで寄り添っていないと生きていけないというのは確かなようだ。
その「社会」の最低人数が、十人なのか百人なのか、はたまた千人なのかはよく知らない。
しかし一方で、人類は何万人、何百万人分の知力労働力を魔法のように組み合わせて、自動車だって作れるし超細かいCPUチップも作れる、ロケットを作って月にだって行ける。
そういう大人数の力をぎゅっと凝縮するための組織工学的な技術もいつの間にか手中にしている。

そういう意味で、人類はまったく偉大で非の打ち所がない。
非の打ち所がないはずなのだが、しかしそうでもないのかもしれない。
そういうことを道を行き交う自動車の群れを見ながら考えた。
posted by ヤス at 10:41| Comment(2) | 徒然なるままに

2017年02月01日

トランプの通貨安批判

トランプ大統領関連のニュースが相変わらず喧しい。
まだ就任から10日あまりというのにもう半年くらい暴れまわっているような錯覚さえ個人的には受ける。

某サイトに、トランプ大統領が就任以降に署名した大統領令の一覧が載っていた。

・メキシコ国境グレートウォール建設
・不法移民取り締まり強化
・テロ対象国からの入国禁止措置
・シリア難民救済プログラム撤廃
・オバマケア廃止
・国内インフラの改善
・NAFTAへの姿勢を再定義
・TPP脱退
・アメリカ軍再構築
・ISIS殲滅

だそうである。
昨日のニュースで「75%の規制撤廃」を目指す大統領令に署名のニュースが流れていたのでこれも入れると全部で11項目。
これらの情報の事実関係が正しかどうかは時間がなかったので調べていないが、いくつかの項目については大きなニュースになって流れていたのでまあ概ね合っているのだろう。

それと昨日のニュースでは、主に中国と日本を名指しにして通貨安批判をしたらしい。
それもアメリカの大手製薬会社首脳らとの会合で出た発言だというからかなりきな臭い感じがする。

発言では日本の金融緩和政策が事実上の通貨切り下げで、それがアメリカの利益を損なっているという見方を披露した上での批判ということのようだ。

記憶にある限りこれまでの日本の金融大規模緩和政策に対し、この数年間アメリカ側から文句が出たことはなかったと思う。
しかしアメリカの一部産業界では案外それが本音であるのかもしれない。
トランプ大統領はその本音にポンと乗って見せたということなのかもしれないが、いずれにしてもトランプが日本の通貨安をいよいよ明確に批判したのはかなり画期的だった気がする。

これまでアメリカの利上げ観測との間で迷い気味だったドル円レートが、これを機会にグッと円高に振れるきっかけになるかもしれない。
ドル円がとりあえず100円くらいになったら、輸入インフレが緩和して実質賃金が上がり、消費者的な景気感覚がいくらか改善するだろう。

逆に今苦境に陥っている東芝などはますます辛いだろう。
今朝のニュースで「三菱自動車が予想外の通期営業黒字化」というのが流れていたが、それも大半は円安効果によるものらしい。
円相場の上昇はそういうぬるい企業を直撃して日本経済に幾らかのマイナス要因をもたらすだろうが、一般庶民のわたしにはさして関係ない。

次回にiPhoneを買い替える頃までに、円相場がそれなりに高くなっていることを祈る今日この頃であった。
posted by ヤス at 10:37| Comment(0) | 徒然なるままに