2016年11月10日

トランプ勝利

まさかの結果に終わったアメリカの大統領選挙。

しかし、かなり以前の段階から、トランプの当選を予言していた識者もかなりいたようである。
また、これまでの的中率ほぼ100%という選挙予測のAIも、アメリカ国内外に流通する情報を分析した結果、トランプ勝利と予想していたそうだ。

事前の客観的情報としてトランプの勝利を示すものは意外にたくさん存在していたわけであるが、イギリスのEU離脱投票と同じく、「それ」が現実化したら恐ろしいことになるのでまさかみんなそっちに投票しないだろう、という有権者に対する妙な「信頼感」が今回もあったのが、今となっては面白い。

日本の政府中枢もクリントン勝利を最初から信じて疑うことがなかったようで、元参議院議員の松田公太氏のブログによると、9月の安倍首相の訪米時にクリントンには挨拶したのにトランプはスルーしたそうだ。

安倍首相はトランプの当選後、早速電話で祝意を伝えたらしいけれど、その時トランプがどんな思いで日本の総理と話をしたのかは、想像するだに興味深い。

ところでトランプのアメリカは、日本にとって良いのか悪いのかということが非常に話題になっている。
日経平均は開票日当日はトランプ有利を受けて大幅下落、一夜明けた今日はお釣りが来るくらい反騰という忙しさ。

日本経済はいったいトランプを歓迎しているのだろうか。
よく分からない。

アメリカでは反トランプの人たちが暴動を起こして怒りを表しているというニュースも流れているが、その一方でトランプは実業家のリアリストであり、かつ大統領には専門知識を持ったスタッフがたくさん付くので度を外れた暴走はしないのではないか、という希望的観測も出ている。

しかしその一方で、トランプに投票した過激な「サイレントマジョリティ」達は、その公約に謳われていた排外的政策の実現を強く求めるだろうこともまた、想像に難くない。

だからわたしはどちらかというと、やっぱり想像を超える「鉄砲ダマ」が日本に度々飛んで来て、その度に関係者が右往左往し大騒ぎになるのではないか、とやや不謹慎ではあるが、少し期待を込めて想像している。

まったく、バットを持って打席で振れば、どんなに打ちそうにない人でもホームランを打つ場合がやっぱりある、ということがよく分かって勉強になった。

posted by ヤス at 16:45| Comment(0) | 徒然なるままに