2016年08月10日

オリンピック(水泳)の結果について

ネットニュースを見ていたら、リオオリンピック水泳の200mバタフライの坂井聖人が銀メダル、そして男子800m自由形リレーで銅メダルを獲ったのが流れていた。

200mバタフライは400m個人メドレーで銅メダルの瀬戸大也に期待が集まっていたが、今回は瀬戸の大学の後輩の坂井ががんばった。
金メダルのフェルプスとは100分の4秒差。
手のひら一つ分くらいの差、ちょっと惜しい感じもする。
でも大幅自己ベストで王者フェルプスを追い詰めたのでよしとしよう。
というか、フェスプスの勝負強さにあらためて脱帽する。

そして800m(200m×4)自由形リレーで銅メダル。
1位のアメリカが7分00秒66、2位のイギリスが7分03秒13、日本が7分03秒50の銅メダル。
ラストでイギリスのエース、ジェームズ・ガイに抜かれたようだ。
それにしてもジェームズ・ガイって名前がカッコいい。
名前だけでなく身長187cmでアイドル顔、20歳のイケメンである。

日本のアンカー松田丈志はそのイケメンのガイに抜かれたということで、そこは諦める他あるまい。
それにしても今回の日本チームはレベルの高いメンバーが4人揃った。
これは日本水泳界の選手層がアメリカ並に厚いことの証拠だと思う。
次の東京オリンピックでは松田丈志は引退しているだろうから、彼に代わる新星が出て来れば金メダルも狙えるのではないか。
というか、イギリスのガイが彗星のように出てこなければ日本は銀メダルだった。
オリンピックにはそういう新しいヒーローを生み出す力がある。
日本の4年後に期待しよう。

そしてそして、200m平泳ぎの準決勝の結果も出ていた。
平泳ぎエースの小関也朱篤(コセキ・ヤスヒロと読む)が2分07秒91で決勝へ。
また渡辺一平が2分07秒22のオリンピックレコードの1位残りで決勝へ行った。
2位残りのイギリス人に0.5秒の差を付けての1位。

日本人の山口観弘が持つ2分07秒01を更新に期待がかかる。
一気に6秒台に突入してヒーローになって欲しい。
posted by ヤス at 12:42| Comment(0) | 徒然なるままに