2016年08月09日

お気持ちの表明について

昨日の大きなニュースとして、天皇陛下が生前退位を示唆する「お気持ち」の表明があった。

正直に言ってわたしは、天皇や皇室に対する自然で無条件な尊崇の念、というのをあまり感じたことがない。
だからといって天皇位を廃止すべきと主張するほどの反対論者というわけでもない。

理屈として、国の統合の象徴としての天皇という地位は理解できなくはない、その程度の気持ちはある。

そういう程度の立場にある人間として昨日動画を見たわけであるが、なんというか、今までになく新鮮な気がした、これまであまり見たことのない天皇の姿であったように感じた。

それは冒頭に「個人としてこれまでに考えてきたこと」を述べる、と言われた部分で感じたのだと思う。

天皇陛下というのは基本的に政治的意思を持たない存在であって、だから、今から自分の考えてきたことを言います、という状況はほとんどない。
それがご自分の気持ちを述べられたということで、しかも内容が皇室典範やあるいは憲法の改正に及ぶ可能性のあるきわめて政治的な発言だったという点でかなり衝撃的だった。

わたしなりに発言の論点を整理すると以下のようである。

・国事行為を100%こなせないのは象徴天皇として十分と言えない
・自分自身加齢による衰えを感じ高齢な天皇は国事行為が十分出来ない心配を感じる
・また天皇崩御の際の負担があまりに大きい
・このような問題意識の下「天皇の努め」が安定的に維持される方法を考えた方がいいと思っている




お気持ちのなかでは生前退位を検討してください、というような具体的な「お願い」はもちろん入っていないわけであるが、事前のリークもあり、お気持ちの表明からは「天皇の努め」を安定維持するための生前退位の制度化について連想せざるを得ない内容であった。

ひとつ思うのは、やはり天皇や皇族の存在は、そもそも彼らの人権の制限を伴うということがある。
職業選択の自由をはじめ、住む場所やプライバシーに関する自由などもかなり制限を受けつつ生きていかないといけない。
最初から分かっていたことだが、そのような根本的な問題が今回はじめて大きく問題化されたということなのだろう。

タイミングについてはいろいろと政治的な思惑が噂されているが、よく分からないし、万が一天皇ご自身に何か思惑があったとしても絶対に表に出て来ないであろうから、まあ詮索してもしょうがない。

生前退位については国民の大半が賛成のようで、そのような民意を探りながら今回の表明はなされたのだろう。
ただいちばんの難問は生前退位するとして、それを誰が決めるのかということだ。

「天皇陛下の人権」の観点からは退位の自由をご自身が獲得するのが自然な姿だろうが、現憲法下では政治的権能のない天皇ご自身には決められない。

ということで、これは憲法改正論議に発展すること必至の大問題になりそうである。
posted by ヤス at 07:11| Comment(0) | 徒然なるままに