2016年07月30日

大型経済対策など

経済の話はほんとうに分かりにくい。
日銀が新たな追加緩和策を決定したという。
なんでも、ETF(上場投資信託)の年間の買入額を倍増して6兆円にするらしいのだが、この金額のインパクトが小さ過ぎて失望売りを招いたとする見方と、日銀が株式市場に6兆円もの規模で介入するのは影響が大き過ぎるというのとまったく逆の意見がニュースに流れている。

はたしてこの追加緩和策は是であるのか非であるのか。
いろいろな解説記事を見ていると、日銀の金融緩和はもうどうしようもなく手詰まりで、国債の追加買入はもう買うべき国債が枯渇してきているので難しく、マイナス金利の拡大は銀行経営に悪影響があってやはり難しい。
結局消去法的に「その他の金融資産」買入で落ち着いた可能性が大きいという。

ただETF買入というのはかなり問題のようである。
日銀がETF=上場投資信託を買うことによって、1%か2%か日経平均株価の押し上げ効果があるだろう。
GPIFの株式投資においても同様であるが、本来は企業業績の良い悪いで価格が上下すべきであるところの株価が、今回の緩和策でさらにいくらか不自然に釣り上がることになる。

ここでいう「不自然」とは株式が購入される企業の業績予測に関係なく釣り上がる、という意味である。

日銀もGPIFも、おそらく上場企業の業績予測に関心がない。
いや、ほんとうは株価が下がると日銀もGPIFも損が出て困るので関心がないはずはないのだが、現状では「株を買う」ことが自己目的化しているようであり、やれ株でスッたとか儲けたとか一喜一憂している市井の投資家とはかなり様子が異なるようである。


さて、分かりにくいと言えば大型経済対策28兆円の中身もよく分からない。
これもニュースによると、28兆円のうち「真水」部分は最終的には7兆円程度という報道である。
「真水」というのもよく分からない概念だが、通常は生産拡大に直接寄与する部分を言うらしい。
ただし、評価の方法によって真水の分け方が微妙に異なる、かなり曖昧な概念である。
低所得者への1万5千円=総予算3500億円はおそらく真水予算に分類されるのだろうが、これも貯蓄に回ると厳密には真水でなくなる。
財政投融資でやるリニア新幹線の整備前倒しも、どの程度真水にカウントされるのかよく分からない。

この大型経済対策も、各種の報道を俯瞰した限り、総額28兆円という見かけの大きさの割には「真水」部分が意外に少なくてインパクト不足という評価のように思われる。

考えてみると経済対策の前提条件として、今般の経済情勢がいいのか悪いのか、その点政府や日銀がどう考えているのかが、そもそもよく分からない。

今の経済がいいのか悪いのか、政府も日銀もその点をもっと率直に表明すれば、もう少し経済の話が分かりやすくなるような気がする今日この頃なのである。
posted by ヤス at 10:32| Comment(0) | 徒然なるままに