2015年12月11日

相談についての相談

誰かに何かを相談されて何かアドバイスを返さないといけない、というときにもっとも大事なことは、やや過剰なほどに自信をもって答えることであろう。

この場合、アドバイスの内容そのものはそれほど重要ではない。
まあまれに、まずいアドバイスを与えて相手がそれを受け入れた結果大惨事が起きることもあるかもしれない。
いや、たくさんの相談を受けて多くのアドバイスを返していれば、ある一定の確率で惨事は起きるだろう。

このようなリスクに対してはどう考えればよいのか。

アドバイスを与える人は、そういうリスクを気にしてはいけない。
惨事は確率的に発生する不可避の事象だ。
不可避であるなら気にしてもしようがない。

そもそも相談者が欲しているのは、意思決定の踏ん切りがつかないときにその踏ん切りをつけるための一言であろう。

アドバイザーの役割は、よい内容のアドバイスを与えることではなく、踏ん切りをつけるに際し、そっと、しかし自信満々に相談者の背中を押して差し上げることだ。

そもそも、未来がどうなるか分からないことに関しては、相談者もアドバイザーも立場はさして変わらない。

アドバイザーがしかるべき肩書きを持っているとか、専門知識があるとか説得力のある上手い喋りが出来るとかは、自信に満ちたアドバイスのための周辺装置に過ぎない。


しかし、間違ったアドバイスによって惨事が発生したとき、相談者はアドバイザーに文句を言うかもしれない。
あるいは突然掴みかかってきたり、または裁判所に損害賠償の訴えをされるかもしれない。

でも、心配は不要だ。
決めたのは相談者の方である。
アドバイザーは助言を与えただけだ。
すべての責任は相談者にある。
「よい相談者」はそのことをよく理解している。

アドバイザーは「悪い相談者」に当たらないように気をつけよう。

アドバイザーというのはたとえ万一惨事が起きても、いつだってその危険が及ばない所にいることができる。
常に安全だからだからこそ「よいアドバイス」が可能である。


人に自信に満ちたアドバイスをするために上記のように思い巡らしてみた。
上記の心構えで人にアドバイスを与えるということでオッケーかどうか、誰かに相談してみたい。
posted by ヤス at 11:01| 徒然なるままに